廃油リサイクルの仕組み

エンジンオイル系廃油をはじめとするリサイクルに適したものは油水分離(加温静置)、遠心分離などの工程で、水分やスラッジを除去し、品質規格に準拠して調整し、そのほとんどが再生重油として製品化されます。また規格外の再生燃料も補助燃料として利用されます。

再生重油の性状表(JIS K 2170)

再生重油とは自動車用のエンジンオイルや工業用の使用済み潤滑油を主原料に製造された燃料油です。潤滑油リサイクルにおけるもっとも代表的な再生品であり、一般石油製品である重油類相当の代替燃料として、直火使用工業炉などの燃料として適切な品質を有し。幅広く使用されています。

組合員紹介

北海道から九州まで、各地でオイルリサイクルの専門家として信頼されている組合員を紹介します。

お知らせ

2021年7月21日お知らせ

消費税インボイス制度の勉強会開催2021年7月21日

2021年7月20日お知らせ

2021年度「森とアースへのECOープロジェクト」に組合員12社が参加登録

2021年7月9日お知らせ

夏季休暇について

2021年6月10日お知らせ

組合事務局はテレワーク実施中

2021年6月8日お知らせ

役員就任のごあいさつ