廃油リサイクルの仕組み

エンジンオイル系廃油をはじめとするリサイクルに適したものは油水分離(加温静置)、遠心分離などの工程で、水分やスラッジを除去し、品質規格に準拠して調整し、そのほとんどが再生重油として製品化されます。また規格外の再生燃料も補助燃料として利用されます。

再生重油の特徴

再生重油(JIS K 2170)は使用済み潤滑油を主原料にした廃棄物を有効利用したリサイクル燃料です。 SDGs 観点からも環境に優しく、経済的かつエシカルな燃料です。 3E(Ecological、Economical、Ethical)重油と呼んでも良いものです。

組合員紹介

北海道から九州まで、各地でオイルリサイクルの専門家として信頼されている組合員を紹介します。

お知らせ

2024年2月26日お知らせ

能登半島地震災害義援金についてNew!!

2023年11月29日お知らせ

12月29日~1月4日は冬季休業とさせて頂きます。

2023年11月15日お知らせ

2023年全国経営研修会4年振りに開催11/6~7

2023年7月26日お知らせ

夏季休暇のお知らせ

2023年7月21日お知らせ

「森とアースへのECO-プロジェクト」2023年度も15社を超える組合員が参加