廃油リサイクルの仕組み

エンジンオイル系廃油をはじめとするリサイクルに適したものは油水分離(加温静置)、遠心分離などの工程で、水分やスラッジを除去し、品質規格に準拠して調整し、そのほとんどが再生重油として製品化されます。また規格外の再生燃料も補助燃料として利用されます。

再生重油の特徴

再生重油(JIS K 2170)は使用済み潤滑油を主原料にした廃棄物を有効利用したリサイクル燃料です。 SDGs 観点からも環境に優しく、経済的かつエシカルな燃料です。 3E(Ecological、Economical、Ethical)重油と呼んでも良いものです。

組合員紹介

北海道から九州まで、各地でオイルリサイクルの専門家として信頼されている組合員を紹介します。

お知らせ

2022年5月19日お知らせ

「森とアースへのECO-プロジェクト」のホームページが更新されました。(令和3年度の概要報告が掲載されています)New!!

2022年2月3日お知らせ

森とアースのECOプロジェクトの活動紹介動画を掲載しました。

2022年1月11日お知らせ

環境省 環境再生・資源循環局長から感謝状 2021年12月8日 

2021年12月6日お知らせ

年末年始休業のお知らせ

2021年11月5日お知らせ

「森とアースへのECO-プロジェクト」の活動に対して東京都檜原村より表彰を受けました。2021年10月20日