再生重油とは自動車用のエンジンオイルや工業用の使用済み潤滑油を主原料に製造された燃料油です。潤滑油リサイクルにおけるもっとも代表的な再生品であり、一般石油製品である重油類相当の代替燃料として、直火使用工業炉などの燃料として適切な品質を有し。幅広く使用されています。

項目1種2種
引火点 ℃70以上70以上
動粘度 50℃ mm2/s50以下50以下
流動点 質量分率%-10以下-10以下
灰分 質量分率%1.0以下1.0以下
硫黄分 質量分率%0.6以下1.0以下
塩素分 質量分率%(ppm)0.05以下(500)0.1以下(1000)
水分 質量分率%1.0以下5.0以下
総発熱量 MJ/kg41.8以上41.8以上

参考

再生重油の品質については、JIS K 2170で規定されており、1種については低硫黄、低塩素低水分使用になっています。2種については燃焼には影響しない範囲で水分規定値を緩和したものとなっています。

また、再生重油と廃食用油を混合したCO2排出量削減に貢献するバイオ再生重油についてはJIS K 2171で品質を規定しています。